2018年01月25日

はじめの一歩

2017年の年末は 紅白歌合戦を見ながら
Spaがいないことをしみじみ感じる寂しい年の瀬でした。

まだまだ次の子を迎える気持ちにはなれないときに
離婚した息子さんが連れ帰って来たボーダーコリーの女の子を飼育するのに困った方から相談を受け
週に2回のお散歩代行や ワン泊でお預かりし
雪山に遊びに行くなどしているうちに
私の気持ちのリハビリができ、
もう一度 自分の犬が欲しいなぁと思えるようになりました。

DSC_3109.jpg

そんな時間が流れる中で
イエローラブの男の子をもらってもらえないだろうかという話が持ち上がりました。


その子は 産まれた時からおチンチンの表皮に穴が開いていました。
母犬が排泄のお世話で舐め過ぎたために 穴が広がり
尿道にまで穴を開けてしまいました。
そのため、オシッコがおチンチンの先まで行かず、途中から出るようになり
おチンチンの先が詰まってしまい、
おチンチンを全部取って、
尿道を直接出口に繋ぐ会陰尿道造瘻術という手術をしないと生き残れない子でした。

造影検査で内蔵部分の尿道と膀胱に異常はないと確認されているとはいうものの
術後の尿漏れや膀胱炎の危険性の高さ
素人が考えるだけでも かなりのリスクのある子です。

なにもわざわざそんなリスクのある子を迎えなくてもいいのに
って 何度も 自問自答したのですが
Spaを通して 不幸な犬がいることも知った私は
次に迎える子は ただ可愛いだけじゃなくて
何らかの事情のある子じゃないと無理だろうなと思っていました。
そのうえ
「自分の意志でオシッコできるんやったらええやん」
「健康な子を迎えたって尿漏れする子はいるで」
などなど、家族のだれも 反対する人がいなかったのには驚きました。

Spaがお世話になったホリスティックの先生にも相談しました。
西洋医学的には 難しい手術ではないが
東洋医学からみれば、先天的に泌尿器の異常のある子は
「腎虚」になりやすいとされ
膀胱炎や腎臓の不具合も含め、
耳のトラブル、骨のトラブル(股関節や椎間板ヘルニア)、歯のトラブルなど
将来的には出やすいかもしれないと言われました。

色んなリスクの可能性はあるけれど
耳が弱かったら 耳掃除を気にかけよう
歯が弱かったら 歯磨きを頑張ろう
骨が弱いのならジャンプの多い運動は避けよう・・・などなど
先に弱点を知っている有利という考え方もあることを学びました。

迎えると決めてからも

私が「不安だらけやわ」って言うと
papaは 「楽しみだけやわ♪」って言いました(笑)

Spaが私に 「この子を託したのかなぁ」って ホリスティックの先生に言うと
「Spaちゃんで得たknow-howが すべて生かされると思います。
Spaちゃんを最後まで看取ったことに比べたら 何でもないです」
って言ってくれました。

私の周りの人は なんとも 前向きな人ばかりです(;^_^A


でも本当はブラックの女の子が欲しかったんですよねぇ。。。
そんな思いが消えない時に、以前からお約束していたニキちゃんのもとにお邪魔して
黒ラブのニキちゃんをいっぱい触らせてもらいました。

ニキちゃんを触りながら そこにSpaを探して、求めてしまいます。
思い出しても泣けそうなほどにSpaを探してしまいます。
こんなことでは 次に黒ラブの子を迎えるなんてできないわ!
と、この時初めて黒ラブへの思いを諦めるとこができました。

その翌日 ライン君の手術が行われました。

大阪府大の病院で手術をしてもらいました。
DSC_3169.jpg

術後に会ったときは ギャンギャン鳴いて←泣いて
元気そうに見えるものの 可愛そうで 可愛そうで・・・
この時ばかりは ライン君を迎えることを本当に後悔しました。

オシッコが出る位置も肛門から3センチ離した所に取ることができたので
普通の女の子と変わらないこと

オシッコを調節する筋肉は膀胱の出口に1か所と
オシッコが出る出口に1か所あって
今回、出口の方の筋肉は取ったので尿切れが悪い
尿道に残った尿が落ちることはあるだろうけれど

膀胱の出口の筋肉は触っていないので
心配するほどの尿漏れはないだろうということでした。

三日後に退院
こんなに大きな病院で手術してもらったんだから
これで治らなかったら どこでやっても治らないよね・・とは思うものの

家に帰ってボタボタボタ・・・って落ちる尿と血
ぜんぜん治ってないやん!って思うほどの尿漏れに凹みましたが
本犬はいたって元気で

DSC_3307.jpg

お腹に15針ものホッチキスがあるのに 元気に走り回ってくれます。


下手な縫いぐるみのようなお腹で(笑)

DSC_3247.jpg

名前をホッチキス君にしよかって話が出たくらいですが(笑)

名前は「ライン」に決めました。

DSC_3304.jpg

鼻筋に一本線が入っていて
初めて見た時から「ライン君」って呼んだので・・・
そして
色んな点と点が繋がって 一本の線に繋がったという意味で
ラインって名前になりました。

術後、オシッコもウン〇も自分の意志で出来ます。
尿漏れと血が混ざった尿が出ますが 本人は気にする様子もなく元気です。

DSC_3273.jpg

お庭への一歩も


この後、へっちゃらで飛び降りるようになりました(笑)


さんざん遊んだ←悪いことをしたあとは
疲れて眠くなります。
エリザベスカラーを着けると自分からケージに入ってベッドで寝ます。

DSC_3302.jpg

お留守番も、夜も、私たちが食事をしている間も
このケージで大人しく待っていてくれます。
ほんとにやりやすい子です。←今だけかなぁ(笑)



新しい命との暮らしに楽しいよりも 大変が勝っていますが
(しかも、ラインが来てすぐに私がインフルエンザにかかるという)

ライン君の抜糸は明日です。
傷口が治って しっかりオシッコできるようになってくれることを願っています。


ニックネーム Spaママ at 12:20| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

感 謝

次々にお花が届き
沢山のお花にSpaが埋もれるくらいになっています。

lineでメッセージをくださったり
遠方からも会いに来てくださったり

Spaが残してくれた「友達」に助けられている日々です。



Spaには してあげられることは全部してあげたと思えるし
そこに後悔はないけれど


最期の時を看取ってあげられなかったことが悔やまれて悔やまれて
それを思うと辛くて仕方がなかったのですが

長男から 珍しくメールをもらって

「お母さんが看取れなかったことを悔やむ気持ちは分かるけど
Spaにとっては
ご飯1回忘れられた方が重大なことやったと思うで」

「その程度のことやで」 って 言ってくれたのです。



なんで寝てしまってんやろうって 一生悔やむと思うけど

Spaが残念に思ってないなら・・・ちょっとは いっか。

そんな事を言ってくれる人に成長してくれた事に 感謝です。


20170627_093436 (1).jpg


Spaが居ない現実は 想像していた以上に辛くて

まだまだ 何を見ても涙
何をしても涙が出るんですけれど


Spaが残してくれた「友達」という財産と

「感謝」という気持ちに 救われています。


ニックネーム Spaママ at 15:35| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

お別れの時

とうとう、

このお知らせをしないといけない時が来てしまいました。

2017年7月29日(土) 午後1時頃 

   Spanky 永眠しました。



ブログにも挙げたように
金曜日には鍼をしてもらって
お昼には ホットケーキを焼いて ふたりで食べて
夕方にはフンをして

晩御飯 ドッグフードはいらんけど
ホットケーキなら食べるわって・・・2切ほど食べて

でも、この頃から ちょっとしんどそうで
お薬を飲まそうとしても チーズも食べなくて
牛乳も飲まなくて ついには お水も飲まなくて・・・


一晩中 ハァハァが続いて
その(*´Д`)ハァハァが いつもの「暑いねん」って感じじゃなく
身体がしんどいねん・・・って感じの(*´Д`)ハァハァでした。

明け方 頭を上げてお水を飲めたので
ちょっと安心したのですが
数分後・・・吐いて

吐いたことで楽になったようで、眠っていたのですが
今度は下痢が・・・

朝になって お友達が来てくれて
体の向きを変えたり 汚れた包帯を取り換えるのを手伝ってくれて
この時は まだまだこの状態が続くと思っていたので

綺麗になって さっぱりしたねぇ〜 なんて言っていたのです。


Spaが目を閉じて ゆっくりした寝息を立て出したので
昨夜も眠れなかったし、今夜も眠れないだろうから
私も 今のうちに昼寝しとこ〜と思い眠りに落ちたのです。

ハッと目が覚めて Spaのお腹を見たら

えっ!動いてない!?


抱き上げた瞬間 目が合ったような気がして
「スパー!」って一瞬声をかけたのですが
あかん!呼び戻したら絶対あかん!と思って
そっと寝かせました。

7月29日の午後1時半ころのことでした。



Spaは本当によく頑張ってくれました。
日に日に大きくなる腫瘍を抱え
何度も危機を乗り越えて 本当に頑張ってくれました。

決して 腫瘍に負けたわけじゃない。

13年という天寿を全うして旅立ったのだと思います。




家には たくさんのお花が届き
お近くの方がお別れに駆けつけてくださいました。

葬儀にも 河原のお友達が皆さん来てくださって 
お見送りをしてくださいました。


こんなにいっぱいのお花に包まれて

1501406211475.jpg

棺の蓋には 皆さんで寄せ書きをしてくださって

1501406155367.jpg

本当にありがたいお別れができました。


Spankyと歩いた13年

しあわせでした。

Spaも幸せだったと思うけど

本当は わたしが幸せでした。


ありがとうございました。

ニックネーム Spaママ at 11:31| Comment(29) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする